tochiko official blog

みんなありのままの姿で生きていいんだよ。

ドタバタな毎日を元気に切り抜ける方法を考えてみた!

どうも、ご無沙汰してます、とちこです。

ブログを更新しないので、

「とちこどうしたの?」「生きてる?」と知り合いに言われました(汗)。

言い訳すると、それがもう、毎日ドタバタでゆっくりとパソコンに向かう日々は本当に減ってしまったのです。

それでも今日は書く!と決めていたので一記事書こうと思います!

今日のテーマは、私の実体験に基づいた「ドタバタな毎日を元気に切り抜ける方法」です〜。

f:id:tochiko2812:20190623175943j:plain

とちこは元気だが毎日ドタバタしています

そうです、私、元気なんですけど、毎日ドタバタです。

私の1日を書いてみますね。


4:00 起床(ゆっくりコーヒータイム。この時、1日のスケジュールや、どういう展開で物事を進めるか考えます。)

4:30 洗濯(洗濯機を回しながら、前日の洗濯物をたたみます。)

5:00 朝食の準備(基本的に夜なにもしないので、朝お米を水に浸している間に洗い物をしたりします。)

5:30 洗濯物を干す(これ結構大変です。)

6:00 朝食

6:20 息子を起こす(最近お疲れでなかなか起きてくれません。)

6:50 化粧(適当にしてますが、バッチリメイクに近いです。)

7:10 実家に顔を出す

7:30 息子を車で学校に送る(息子は事情があって登校班で学校へ行っていません。)

8:30 仕事開始

16:00 帰宅

16:30 息子の宿題を見たり息子と遊んだり

18:00 夕食の準備

19:00 夕食

20:00 入浴

21:00 就寝


なんてことない1日なんですけど、本当にドタバタしてます。

特にパートナーのお家に息子と引っ越してから、自分の持つ仕事が増えて(家事など)、

実家にいた時は、本当に母親に甘えていたんだなぁとつくづく母親を尊敬することが多くなりました。

話は戻りますけど、このドタバタを切り抜けるのにどういう工夫を加えたか、次章でお伝えしたいと思います。


ドタバタを切り抜ける工夫


その① SNSに使っていた時間をやめた

ご存知の方も多いかと思いますが、ツイッターのとちこアカウントを消しました。

なぜかというと、最初はブログを読んでもらいたくて、とちこを知って欲しくとちこのツイッターを始めたのですが、

ツイッターからの流入は微々たるもので、もともとそういう商売じみたことに不向きな性格なのでやめてしまいました。

それに、朝必ずツイートしていたのですが、それも義務的になってきて、ドタバタ生活の中でそれを続けることに苦痛を感じたからです。

朝ツイートをしなければいいじゃん、てお思いの方も多いかと思いますが、

習慣化とは恐ろしいもので、朝起きると「ツイートしなきゃ!」と思ってしまうのです。

この呪縛から逃れるためにとちこアカウントを消しました。しかし、気持ちはとても楽になりました。


その② 両親の顔を見てから出勤する

前章の7:10 実家に顔を出すにあったと思うのですが、

少しの時間でも良いので、両親の顔を見てから出勤することにしています。

親は親、子は子。親子は親子。

両親の顔を見るとホッとします。

ホッとすると、「よし今日も頑張るか!」となり、元気に「行ってきます!」と言えます。


その③完璧主義を捨てた

これが一番重要になってくると思いますが、私極度の完璧主義で、自分の思い通りに物事が進まないとかなりイライラします。

障害のせいもあるかもしれませんが…。

しかし、「無理なものは無理」、「今日は疲れたからご飯もなんか買おう」、と自分をすこし甘やかすことで

気持ち的にすごく楽になりました。


むすびにかえて

ちょっと早いですが、今日は早めにむすびいきますよ。

今共働きのご家庭が多い中、本当に頑張っている女性が多いと思います。

仕事に家事、ストレスのはけ口がなくて困っている女性は世の中にたくさんおられると思います。

そんな中どうやったら毎日元気に切り抜けていけるか。

とても重要な課題だと思います。

男性の家事協力はもちろん必要だと思います。しかし、それよりももっとメンタル的に男性が女性を支えてあげることが必要だと私は感じています。

世の中の男性に言いたい。

パートナーに優しくしてあげて下さい。

「今日もありがとう。」

「ご飯美味しかったよ。」

「いつもがんばってくれて本当に助かっているよ。」

口に出してパートナーに伝えてください。

日本人男性は感謝を口に出して伝えることがちょっと下手な気がします。

感謝を伝えるだけで、女性は元気が出ますし、どんなにドタバタしていても、「よし!しっかり眠って明日も頑張るか!」となるのです。

そして、女性をぎゅっとハグしてあげましょう。

メンタル的に支えがあると毎日頑張れるのです。

少なくとも、私はそうです。

世の中の女性が笑顔で元気に過ごせますように。

そう願って、今日はお開きです。

さらばだ!


パートナーが料理を頑張ってねとプレゼントしてくれた猫がついた可愛い包丁です。

切れ味もよく、料理が楽しいです。