tochiko official blog

みんなありのままの姿で生きていいんだよ。

お金をかけずにオシャレを楽しみましょう!

秋の気配を感じるようになりました。でも、まだ暑い日もあったり、みなさま体調はいかがでしょうか?今日はファッションのお話です。


ファッションにはお金をかけなければならないか?

私は、昔は気に入ったものがあればすぐに服を買いあさっていましたが、今はなんせお金がないので、買う服も限られています。それでも、彼と会う時は可愛い格好をしたいし、流行りの服は着たいし、女子の願望はつきませんよね! 結論から言うと、お金をかけなくてもオシャレできます!。では、私が実際に行っている服の買い物方法を書きたいと思います。


自分の持っている服を整理する

まず、自分の持っている服の確認をしましょう。私は基本的にジーパンで過ごしているので、「ジーパンに合うトップスを買おう。」とか目標立てます。それから、一年着ていない服は捨てることにしています。これは断捨離にもつながることですが、「いつか着るかもしれない。」とタンスの肥やしを増やしても、新しいものは入ってきません。
「買って1シーズン着倒してやる。」くらいの勢いも大切です。


本当に気に入った服を買うために

シーズンごとの予算を決める

日本は春夏秋冬という四季があります。年々気温上昇、異常気象で四季がなくなっている気がしますが…それはさておき、私はこの4シーズン、年4回の買い物のために予算を決めておきます。それに向けて貯金もできますしね。

セール品を狙う

なんだかおばちゃん根性(笑)出てきましたが、ここ大切なポイントです。 なんせお金がないですから〜。 日本のファッション業界はそのシーズンの少し前に例えば春に夏物、夏に秋物といった感じで少し季節を先取りして服が販売されますよね。だから、例えば夏本番が来る少し前にもう夏物のセールは始まります。ここが狙い目です。少しでも可愛い服を少しでも安く買いたいじゃないですか。2〜3枚買っても5000円以内でおさまります。

よく吟味して買う

本当に自分に似合う服かどうか、予算は手頃か、大分時間をかけて吟味します。 何件もお店を回ることもあります。


普段着、家着、勝負服などTPOにあわせて着る服を揃えておく

職業にもよると思いますが、私はユニフォームがあるお店で働いているので、通勤も普段着です。
買うのは普段着と勝負服といったところでしょうか。自分の好みで服を選びましょう。私は家にいるときは基本Tシャツです(笑)


お手入れは入念に♪

せっかく買った服ですから、お洗濯は丁寧に行いましょう。洗濯機で洗ってもいいものもあれば、手洗いのものもありますよね。きちんとお手入れをしてやることによって、流行り廃りのない服であれば来年も着ることも可能かも!?


まとめ

今は、ネットでも、安く服が手に入る時代です。古着という方法もありますよね。 私は自分で実際試着してみてから買いたいのでお店を何件も回りますが、手軽に安い服を買う方法は山のようにあります。自分にあった服選びをしてください
私が服を吟味するのはお金がないのはもちろんなんですけど、30歳を超えてからぽっちゃり体型になってしまい、似合う服が限られてきたからというのもあります。
どんな服でも似合うしなやかで健康的な女性らしい体でいたいですよね。私も今、ダイエットを頑張っているところです。少しファッションから話がそれたかもしれませんが、楽しく賢くお買い物をして一緒にオシャレを楽しみましょう!