tochiko official blog

みんなありのままの姿で生きていいんだよ。

2019 精神障害のある方に是非挑戦してほしいこと

どうも、とちこです。

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

年明けて初めてのブログですので、精神障害のある方に今年挑戦してほしいことを書きたいと思います!

f:id:tochiko2812:20190102164548j:plain


挑戦といっても人それぞれ違いますよね

今まさに急性期で病気と闘っていらっしゃる方、

少し落ち着いた方、

だいぶん落ち着いた方、様々な病気の度合いの方がいらっしゃると思います。

ここは私の経験を踏まえて、語らせていただこうと思います。


その① 急性期で病気と闘っていらっしゃる方へのメッセージ

十分に、休息してください。

それが挑戦です。

まだまだ病気を受け入れられず、どうしていいかわからない、そんな方もいらっしゃるでしょう。

私の経験から言うと、そのような時はゆっくり休みましょう。

何も考えず(考えてしまうと思いますが)、しっかり眠るのが一番です。

自分を傷つけるような行為は…。あとから後悔しないように。

するな、とは言いません。個人の自由ですから。

ただ、あとから後悔しないようにしてください。

私の腕にも、ためらい傷があります。

今愛している息子や家族、そして恋人に悪いなと思いますし、

自分自身後悔しています。後悔するようなことはしない方が良いです

ただ、病気になりたての頃って頭ぐちゃぐちゃじゃないですか?

私もそうでした。何をしていいかもわからないし、

これから自分がどうなっていくかも想像できませんでした。

それでも、今こうやって生きています。

どうか、十分に休息してください。それが、挑戦です


その② 病状が少し落ち着いた方へのメッセージ

是非、外に出てみましょう。

それが、挑戦です。

外とは、本当に、お散歩でもなんでも構いません。

デイ・ケアーでも良いですね。

私自身は、デイ・ケアーは向かなかったのですが、リハビリにはオススメです。

デイ・ケアーとは?と思われた方もいらっしゃるでしょう。

それは、決まったリズムのある生活を営むことで、生活時間の管理能力を持ったり、

仲間と一緒に何かをすることで、自主性と協調性を培ったり。

ゲームなどのレクリエーションや簡単な手作業を通して、社会復帰の体力と作業能力を維持、向上させることを目的としています。

私は、苦手でしたが、同じ仲間が欲しい方などは参加してみるのも良いですね。

また、家事をしましょう。

これは以前にもお話しさせていただきました。

www.tochiko.com

家事は、生きることの基本です。是非挑戦してみてください。

外に出ましょう。そして、家事をしましょう。それが、挑戦です


その③ 症状が大分落ち着いている方へのメッセージ

是非、社会復帰の準備をしてみてください。

それが、挑戦です。

私は、短時間アルバイターいわゆるフリーターです。

しかし、それでも、社会で働いている、と胸を張って言えます

自分なりの働き方を模索してみてはいかがでしょう。

お給料をいただくと自分の気持ちにもハリが出ます。

ハローワークの障害者部門や、障害のある方の就労支援をしておられる団体さんが、

各自治体たくさんあると思います。

そういったところに相談して、社会に出る準備をしてみてはいかがでしょうか?

「自分は精神障害があるから誰も雇ってくれない。」というのは、ただの先入観です。

私は、精神障害を持ちながら、現に働いています。

是非、社会復帰の準備をしてみてください。それが、挑戦です


むすびにかえて

2019年の年頭に様々なメッセージを発信してまいりましたが、

ここで気をつけておきたいこと、それは、

毎回お伝えしているのですが、

決して無理はいけません

私も主治医からよく言われること、それは、「60%くらいの力で生きなさい。」

人それぞれ違いますから、自分のキャパシティの60%ももちろん人それぞれ違うと思います。

どうか、無理をしないでください。

そして、ポジティブに、前を向いて生きていってください

精神障害のある方が、2019年も前向きに楽しい毎日を送れますように…そう願ってお開きです。

さらばだ!


追記

最近、音声配信してなくてごめんなさい。

子供が騒いでいるので録音できなくて(^^;

また学校が始まったら音声配信しますからね〜待っててね〜!

とちこ


子供といえば、うちの子はこれで遊んでいます(笑)